鷲羽山日誌

2021/01/20

瀬戸内で一番小さな有人島 倉敷市松島

  • 廃校になった旧松島分校廃校になった旧松島分校
  • 純友神社純友神社
  • 神社本殿の中神社本殿の中
  • 天井が飛ばされていました。天井が飛ばされていました。

     1月20日(水曜日)晴れ


島の周囲は12km、ビジターセンターの真ん前にある島を訪れました。

島には廃校になった校舎があり、若い芸術家さん達が島の活性のために

活動をされていました。

そして島の中腹に藤原純友の純友神社がありました。

藤原 純友(ふじわら の すみとも)は、平安時代中期の貴族・ 藤原北家、

右大弁 藤原遠経の孫。 大宰少弐・藤原良範の三男 です。

約千年前、平安時代中期に承平 天慶(じょうへいてんぎょう) の乱

(931~947)を起こしました。政治の腐敗と庶民生活への圧迫に抗して

政治革命を目指し立ち上がった時代の先駆者でありました。

しかしながら純友神社は長年の風雨にさらされ本殿、拝殿とも残念

ながら風前の灯状態でした。


 




鷲羽山からの壮大な眺め!!360度パノラマビュー