鷲羽山日誌

2021/05/05

倉敷市の木 クスノキ

  • 鷲羽山自然研究路に咲くクスノキ鷲羽山自然研究路に咲くクスノキ
  • 冬芽は赤褐色した長卵形で先端はとがり多数の芽鱗に包まれ  ています。冬芽は赤褐色した長卵形で先端はとがり多数の芽鱗に包まれ ています。
  • ネズミサシネズミサシ
  • 松の赤ちゃん松の赤ちゃん

         4月30日  (晴れ)

4月も終わり天気の良い日が続き鷲羽山自然研究路を

歩いてみたら大きなクスノキがありました。クスノキは

花木は初夏5-6月で、葉の付け根から5ミリほどの

白く淡い黄緑色の花を多数咲かせます。

果期は秋の10-11月で果実は直径8-9ミリの球形で

黒色に熟します。鳥が食べて種子散布に与えるが人間の食用

には適さないです。中に直径5-6ミリの種が一つ入ってい

ます。

冬芽は赤褐色した長卵形で先端はとがり多数の芽鱗に包まれ

ています。葉や木の各部にほのかに甘い芳香があり、樟脳の

材料になるということらしいです。




鷲羽山からの壮大な眺め!!360度パノラマビュー